プロミス利息

プロミス利息について

プロミス利息、ここに「30日間の無利息期間」があります。
これがプロミス最大の特徴、そして最大の魅力です。
30日間無利息であれば翌月の給料日に返済することで元金だけの返済になります。
消費者金融の金利は比較するまでもなく上限が一律となっている以上もはや注目するべきは金利ではありません。
そのほかのところで比較していかなくてはなりませんので、今金利を比較しているのであればそれは徒労に終わる可能性があります。
というのも、初めての借り入れに対して上限金利よりも下の金利が適用されるということは非常にまれ。
さらに消費者金融は適用金利が公開されていませんので申し込みをするまでわからないという現状もあります。

 

どんなところを借り入れ先に選べばいいのかわからない、そんなときには迷わずプロミスです。
大きな金額を借りたいというのであれば消費者金融ではなく銀行融資を選びましょう。
小さな金額で次の給料日には完済ができる短期借り入れであればプロミスを選びましょう。
お金を借りることで一番に気にかかるのは金利であることは間違いありません。
元金にプラスして返済する利息になりますのでできれば高くない方がよいもの。
無利息期間は有効に使って初めてのキャッシングを乗り越えていきましょう。

 

お金を借りること、これが初めてであれば気になることはたくさんあるものです。
どうしてもお金の「困った」が発生した時にはプロミスを考える、これを覚えておきましょう。

人気のある消費者金融といえば

人気のある消費者金融といえば大手でしょう。誰でも借りやすいという気軽な点、銀行の口座のように気軽にカードなどで借り入れできる点が人気が高い秘密です。いまなら、パソコンやスマホなど自宅や自分の都合にあわせた場所からも借り入れできるという便利な点も利用者が増加している理由となっています。

 

大手消費者金融はテレビなどでもよく見かけることから、安心ということもありますし現在は銀行との提携化が進んでいます。いくつかの大手消費者銀行の特徴を見ていきましょう。

 

まずはおなじみアコムです。消費者金融のパイオニアとも言える存在のアコムは、老舗という点でも安心ですよね。マスターカードのプリンシパルとなっていることから、クレジットカードの発行が可能となっている消費者金融は日本ではアコムだけなのです。むじんくんとよばれる自動契約機を最初に登場させたのもアコムです。

 

女性に人気が高いプロミスは、相武紗季さんがイメージキャラクターとしておなじみですよね。明るいイメージですし、すぐに自分の銀行口座に振り込みを受けて借り入れできる瞬フリもあって、使いやすさもプロミスが選ばれる理由です。

 

モビットは、三井住友銀行グループで安心な上に、在籍確認などなしで契約できるWEB完結がとっても人気があります。郵便物なども一切なしで借り入れをスタートできます。

 

アイフルはローン商品の種類の多さが、いろいろな利用者に人気を得ています。通常のローンだけでなく低金利な大型ローン、書類レスのローンや事業者用ローンなど豊富にある中から自分の目的にあわせて選べるようになっています。

すぐ借りれるといえばプロミス

すぐ借りれる消費者金融といえばプロミスです。もちろん消費者金融といえばおおよそ即日キャッシングが可能なのですが、プロミスには瞬フリがあります。

 

瞬フリは三井住友銀行、ジャパンネット銀行の銀行口座を利用して借り入れする場合に利用できるサービスなのです。本当に瞬時に振り込みされます。24時間曜日や祝祭日に関わりなくいつでも受付完了からほんの10秒で振込みされるようになっています。

 

三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の銀行でも月曜日から金曜日の9:00から14:50に受け付けられた借り入れの申し込みは10秒で入金されるようになっています。その他の時間帯では、平日の0:00から9:00ならばその日の9:30ごろに、平日の14:50以降から24:00までなら翌営業日の9:30ごろに入金されます。土日祝ではいつの時間帯も翌営業日の9:30ごろに入金となります。

 

もちろん瞬フリ以外にも電話を利用した申し込みや、店頭窓口、プロミスATM、提携ATMなど自在に借り入れ方法を選べることができ、いずれも営業時間内であればすぐに借りれるようになっているのです。

 

借り入れしたいときには、誰でも気持ちがとっても焦っているものです。お金が必要なことが分かっているのですから、当然ですよね。そんなときに、少しでもスピーディーな方法が利用できるプロミスなら、その時間の分早く安心できそうです。お金が用意できるまでのドキドキする時間はできるだけ短い方がよいですよね。